JAはだのトピックス

18.02.19

伸び伸び遊んで!ままメートクラブ

イメージ
生き生きと風船で遊ぶ子ども

 JAはだのは16日、本所で子育て支援事業「ままメートクラブ」を開きました。JA管内の親子に地域交流の場を提供し、子育てを応援することが目的です。女性部目的別趣味グループの部員ら10人の協力の下、市内在住の未就学児とその親22組47人が参加しました。
 参加者は、膨らませた風船に思い思いの顔を描き、部員の「投げてみよう」「ポンポンと飛ばしてみよう」などの声に合わせて風船遊びをしました。広いスペースを使って風船を追い掛ける子どもを見た親からは、笑みがこぼれました。その他、地場産のニンジンやホウレンソウを使ったホットケーキ作りや体操などを行い、充実した時間を過ごしました。
 同クラブは、市内の生後6か月からの未就学児とその親を対象に、毎年3~4回開催しています。参加者から毎回好評で、来年度はさらに回数を増やして実施する予定です。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる