JAはだのトピックス

18.02.09

しいたけを栽培しよう

イメージ
ドリルで原木に穴を開ける部員

 JAはだの女性部の大根・北支部は8日、南・上支部は9日に、各支所でシイタケのほだ木を作りました。
 部員は、長さ約1mの原木に電動ドリルを使って24~30カ所の穴を開け、木づちでシイタケ菌を打ち込みました。各支部合わせて377本のほだ木が完成。各自で持ち帰り、雨水が当たる場所で温度や湿度などを調整しながら管理していきます。早ければ1年~1年半で収穫ができる予定です。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる