JAはだのトピックス

18.01.10

どんど焼き飾りお目見え

イメージ
どんど焼きの繭玉を飾り付けるメンバー家族

 JAはだの農産物直売所「はだのじばさんず」に9日、色とりどりの団子をあしらった「どんど焼きの団子飾り」がお目見えしました。15日の小正月に向けて、出荷者グループ「よめっ娘」のメンバー家族が五穀豊穣(ほうじょう)を願い飾り付けました。
 団子は、赤、白、黄、緑の色鮮やかな繭玉をはじめ、花や干支の犬をかたどったものなど、全て地粉を使って手作りしました。コナラの枝や土台に使った石臼に約500個を装飾し、新年の始まりを演出。販売台には、農家が出荷した地粉や団子のレシピの他、どんど焼きの由来を書いたPOP(店内広告)も設置し、来店者に伝統文化を伝えています。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる