JAはだのトピックス

18.01.09

花で成人式彩る

イメージ
新成人の門出を地場産の花で祝福

 JAはだの花き部会は7日、秦野市の成人式会場を地場産の花で飾り付け、新たな門出を迎えた若者たちを祝福しました。部会員10人が同市文化会館ロビーや壇上を色とりどりの花で彩りました。
 部会を構成する露地部、カーネーション部、バラ部、鉢物部、一般切花研究会が連携し、切り花250本と鉢物56鉢を用意しました。ロビーに設けた記念撮影ブースに、バラやカーネーションなどをアレンジした大型の花台や、松竹梅の枝物を装飾。足元には、ハボタンやパンジーなどを植え付けた鉢植えを配置しました。檀上には、赤やピンク、白のシクラメンをずらりと並べました。
 8日の式当日は、多くの新成人が色鮮やかな花を背景に記念撮影をしていました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる