JAはだのトピックス

17.09.21

すいとん作りに挑戦

イメージ
女性部員と調理を進める児童

 JAはだのは16日、本所で「第5回ちゃぐりんスクール」を開きました。市内の小学3~6年生44人が「すいとん」作りをしました。
 食材には、地場産の米粉や児童が5月に植え付けたサツマイモなどを使用。女性部員の指導の下、児童はサツマイモを切ったり米粉を混ぜたりして調理を進めました。その後、完成したすいとんを女性部員らと食べながら、交流を深めました。
 参加した児童の一人は「おいしかったからお母さんと一緒に作りたい」と笑顔で話しました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる