JAはだのトピックス

17.05.17

ちゃぐりんスクールで野菜苗植え付け

イメージ
苗を植え付ける親子

 JAはだのは13日、本所で食農教育の一環として今年度の「ちゃぐりんスクール」をスタートさせました。市内の小学3~6年生を対象に開催。秦野市の農業や自然の素晴らしさを肌で感じ、JAへの理解を深めてもらうことが狙いです。今年度は53人が受講します。
 初回は「プランター野菜教室」を開きました。青年部の髙橋正宏参与を講師に、ナスとリーフレタスを植え付け。保護者も参加し、プランターに入れる培養土の量や苗を植える間隔を確認しながら作業を進めました。プランターは収穫まで自宅で管理し、収穫したナスは8月のカリキュラムで作る「夏野菜のカレー」に使用する予定です。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる