JAはだのトピックス

17.05.22

本所を花いっぱいに

イメージ
色とりどりの花を植え付ける部員

 JAはだの青年部は16日、JA本所の玄関前にある花壇に、部員が栽培した花苗を植え付けました。同部が取り組む「花いっぱい運動」の一環で、部員14人が定植作業に汗を流しました。
 部員は、ペチュニアやナデシコなど暑さに比較的強い10種280ポットを用意。草取りをして管理機で耕した後、防草用マルチを敷き詰めました。その後、1株ずつ丁寧に植え付けました。
 秋には冬用の花苗に植え替え、年間を通して地場産の花をPRしていく予定です。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる