JAはだのトピックス

17.05.16

園児が苗の購入体験

イメージ
園児がJA職員から野菜苗を購入

 秦野市立つるまきこども園の5歳児52人は10日、同園で野菜苗の購入体験をしました。苗はJAはだの鶴巻支店が用意し、販売しました。
 園児は事前に各自で育てる野菜を決め、苗を依頼。JAは、ミニトマト、ナス、ピーマン、キュウリの4品目合計67本の苗を用意しました。当日は、園児が自分で育てる苗の品目をJA職員に伝え、1苗50円で購入しました。
 購入後は、JA職員が園児に苗の植え付けや水やりの方法を伝えました。園児からは「頑張って育てる」「食べるのが楽しみ」と笑顔があふれました。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる