JAはだのケアセンター

JAはだのケアセンターでは、居宅介護支援・訪問介護事業を行っております。また、介護保険外の介護サービスや介護相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

事業内容

居宅介護支援事業

イメージ

  1. ご本人やご家族の意見を取り入れて一人ひとりの身体状況にふさわしい居宅サービス計画(ケアプラン)を作成します。
  2. サービス事業者(ホームヘルパー派遣・施設利用など)との連絡、調整を行います。
  3. 市町村への要介護認定の申請、更新の手続きの代行を行います。
  4. 介護保険に関わるご質問、ご相談に応じます。
ケアプランとは?

国から要介護の認定を受けた方が、有効に介護保険を利用するために、どのような介護サービスをいつ、どの程度利用したらよいのかをまとめた計画書のことです。
ケアプランはご自分で作成して管轄の自治体に提出してもよいのですが、作成は介護保険でまかなわれて自己負担がないため、ケアマネジャー(介護支援専門員)に作成依頼する方がほとんどです。

ケアプラン作成までの流れ

イメージ

  1. 居宅介護支援事業所にケアプランの作成を依頼します。
  2. 居宅介護支援事業所に所属するケアマネジャーが利用者の方のご自宅まで出向き、ご本人やご家族の希望などをお聞きしたうえで、ケアプランを作成します。
  3. ケアプランが完成したら、介護保険サービス利用の開始。

プラン完成後も、ケアマネジャーはプランが有効に機能しているか、状況の変化により不具合が生じていないかなどに注意しながら支援を行っていきます。利用中に問題があればケアマネジャーと相談し、ケアプランの見直しを行うこともできるので安心です。  詳しくは、JAはだのケアセンターまでお気軽にお問い合わせください。

訪問介護事業

JAはだのケアセンターの訪問介護員(ホームヘルパー)がご家庭を訪問して、下記のようなサービスを提供いたします。

サービス提供内容

生活援助:調理・洗濯・掃除・買い物など
身体介護:食事・排泄・入浴・清拭・衣類の脱着等の援助
※その他、生活上のご相談に応じます。
ご家族のこと、ご自分のこと、介護サービスの事なら何でもお気軽にご相談ください。

活動の歩み

2000年介護保険の実施にあたり、「JAはだのケアセンター」となりました。

広げよう 支え合いの気持ち

イメージ

JAのホームヘルパーには、自分自身が介護で苦労してきた人も大勢います。
その人たちはこういいます。「介護は専門家や同じように苦労している仲間に励まされて乗り切れるものです。内に込めてしまうと本当に苦しい。今、大変な思いをしている人は気軽に相談してほしい」と。介護の苦労が分かるからこそ、今介護で困っている人の役に立ちたいという気持ちで日々サービスに取り組んでいます。
JAはだのケアセンターでは、利用者の皆さまに安心して利用していただけるよう務めていきます。

訪問介護利用料金

介護保険法により適用する。

はだの じばさんず 地場産's 朝採りの「新鮮さ」、つくり手の顔が見える「安心感」、産地直送の「安さ」をお届けします!
ページトップへもどる